中村理木工所@くわとちょうな

『天然・指組・漆塗』 自然が生み出す流れに乗って、千年先まで続くモノ作りを目指しています

   
カテゴリー「テーブル(table)」の記事一覧

栗のテーブル天板の矧ぎ方



2枚の栗材を使って、
テーブルを作ります。
今回は矧ぎ方を決めました。

長辺の矧ぎ方は全部で6通り。

大きい面が取れて、
削る量が少なくて、
となると絞り込まれてきます。







小机の吸付桟加工



小机に吸付桟を入れました。
桟の穴を中心に回転して、
天板が開く構造です。
強度を持たせるために、
桟の蟻サイズを大きくしました。

栗のコーヒーテーブル



栗の珈琲テーブルを作りました。

クライアント所有の栗の木を思い出の形に。

ということで小机を提案させて頂きました。

天板はなるべく触らないように耳まで残して、
吸付桟を入れました。

足は軽い天板でも座りが良いように三つ足としました。

T字型の畳擦りを柱脚も含めて三方刺しとし、
ホゾの中で更に組む二弾ホゾを採用しました。

天板:クリの無垢2枚矧ぎ
足材:ナラ
仕上:ペーパー
塗装:摺漆

センのテーブル



センのテーブルを作りました。

キャンピングカー内の折りたたみテーブルです。

折りたたみ構造は蝶番のワイヤー吊り固定。
木で作る部分は天板のみです。

表は通常の鉋がけ。

折畳みテーブルを起こした時に変化が出るよう、
裏は丸鉋で斜めズリを施しました。

天板の両端に端嵌を入れ、
継手はスライディングダブテールとしました。
これで住宅より環境の厳しい車内でも、
天板の動きを制御出来ます。

当初、無垢の一枚板?と驚きましたが、
設置してみるとあらためて、
良かったです。

勉強になりました。

天板:センの無垢一枚板
端嵌:ナラ
仕上:鉋
塗装:オイル

油塗装 オイルフィニッシュ仕上



栃のテーブルにオイルフィニッシュを掛けました。
杢が黄金色に浮かび上がってきました。

栃のダイニングテーブル



テーブルの生地が完成しました。
天板サイズはサブロク(90㎝×1.8m)
材料:栃


ブログ内検索

Copyright ©  -- 中村理木工所@くわとちょうな --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /