中村理木工所

『天然・指組・漆塗』 自然が生み出す流れに乗って、 千年先まで続くモノ作りを目指しています

   
カテゴリー「家具製作データ」の記事一覧

テーブル天板の重量計算

今回はテーブル天板の重量計算(概算)です。
やり方は簡単、

体積×比重×1000(kg)

を計算するだけです。

それではやってみましょう。


板のサイズは、
長さ1.2m×巾80㎝×厚み6㎝です。

この単位をメートル(m)に揃えると、
1.2×0.8×0.06 になります。
電卓で計算すると、
1.2×0.8×0.06 = 0.0576になります。 

これがこの一枚板の体積、
0.0576㎥ です。

これにこの木の比重0.6を掛けると重さが出ます。
(この比重は樹種により決まっています※)
0.03456トンです。
分かりやすくするために、
1000を掛けてキログラム(kg)に直すと、
34.56kgとなります。
つまりこの板の重さは、
35kgです。

厳密には木の乾燥具合で変わってきます。
概算を出すだけなら簡易計算で充分です。



おさらい
木の重さ=      体積           × 比重 × 1000(kg)
               =1.2×0.8×0.06 ×   0.6  ×1000
               ≒35 kg



※比重について
比重は樹種により異なります。
ざっくり分けると、
広葉樹は重くて > 針葉樹は軽い です。
概算での比重は、
広葉樹0.7
針葉樹0.4
にて計算します。






曲げ木



椅子の肘掛けを曲げました。

木をスチームして温め軟らかくします。
1㎝1時間の割合で時間と蒸気量を調整します。
軟らかくなってから、操作的な介入を許される時間はごくわずかです。
必要なクランプや玄能などを作業台に使う順番に並べます。

当たり前ですが、木は一本一本異なります。
曲げながら曲がり特性を感じながら曲げ続けます。

所定のアールになりクランプで固定したら丁度折り返し地点です。
ここから温度と水分を低下させ、
細胞が固まるのをじっと待ちます。





道具 鉄ベラの鍛造



鉄ベラを作りました。

鉄筋を900℃に赤めて、
金槌で叩いて薄く伸ばし、
形ができた所で焼鈍し。

翌日、
軟らかくなったヘラを砥石で整形して、
焼入れ。
800℃に赤めてから2段階水冷。

焼戻しで歪をとって安定させたら完成です。

刃:異形鉄筋SD295
柄:楠
仕上:ペーパー

道具 ろくろ鉋の鍛造



轆轤鉋を鍛造しました。

鉋が切れると気持ちよく挽けます。
そのため頻繁に刃を砥ぎます。
だから直ぐに刃がチビます。

刃を和鉄でこしらえておけば、
赤めて叩けば伸ばせます。
曲がりも叩きながら付けられるので、
細かい好みを形に出来ます。

永切刃を付けるか、キンキンに砥ぐかは、
挽く木によります。
いずれも気持ちよく挽ける方を選びます。

主材:SD295、棒鋼

道具 漆風呂の温室度管理





漆は乾かすのに、
繊細な温湿度管理が必要です。
うちでは、
漆風呂の温湿度管理を、
無線の温湿度計でウォッチしています。
漆風呂の内装は天然の木ですので、
外環境の急激な変化にも対応出来ますが、
ゆっくりと室内環境が動く為、
一度、制御範囲外に外れると、
元に戻すのに時間が掛かります。
サーモスタット制御による、
ヒーターと加湿器も便利ですが、
日頃から小まめに水を上げたり、
お湯を上げたりするのが、
一番良いようです。

リンク

ブログ内検索

Copyright ©  -- 中村理木工所 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /