中村理木工所

『天然・指組・漆塗』 自然が生み出す流れに乗って、 千年先まで続くモノ作りを目指しています

   
カテゴリー「照明」の記事一覧

金桑 桑の実 木と漆のランプ



桑の実が
青から赤へ
赤から黒へと
熟れて行くのを
追いかけて



桑のランプに
漆を重ねました

硬い
金属質の杢を
輝かせる桑

その実は
山のモノ
とは思えぬ程
甘く

余韻なし


木と漆のランプ
金桑

木と漆のランプ 黒柿



黒柿を
轆轤に掛けて
ランプシェードを
削り出しています

削り行く程に
消えて行く黒もあれば
中から出てくる黒もあります


強い黒が
鉋屑に吸い取られ
墨筋が
最後に現れます

未練は微塵も
感じさせない
一筆は

削り落とす手を
止めさせます


突如として
現れる
出逢いと

爽やかな
余韻の
黒柿です

木と漆の燭台



夜に
夜を意識するのは
燭台に
火を灯す時

灯芯に
マッチの炎を当てがい
蝋が気化するのを待ち
火を移します

小さい火は徐々に
共に成長して
影のエッジを際立て始めます

瘤のヒダは深くなり
炎に合わせて
杢は揺らぎます

食卓と
森の夜を
火が結びます

玉虫の海 木と漆のランプ



自然の生み出すものは
不思議です

削り出して
染めて

浮かび上がる
形に
手が止まります

ゆっくりと
傾いて
光の入り方を変えながら

海に
潜って行きます

森の夜の豆アカリ



菜の花ろうそく
豆サイズ用の
燭台です

蝋燭の受皿は
透漆を重ねては研ぎ出しており
ロウソクが映ります

ボディは大鋸目を残し
生漆を7度重ねています

和ろうそくの豆サイズは
燃焼時間20分

仄かな明かりに微睡む
ティータイムです

#高澤ろうそく店

木と漆の玄関灯 栃 (ET1)


栃と漆の玄関灯です

激しく杢の入った
板目の栃です

見る角度を変えると
杢がキラキラと表情を変えます

漆掛けと研ぎ出しを
16行程重ねています

灯具は防雨構造となります
電球はE26とE17両方に対応しています

用途 玄関灯
寸法 光源壁より27㎝、シェード径25㎝
樹種 栃(天然乾燥15年)
仕上 漆
電球 E17、E26(E17白熱灯とE26LED灯付属)

シェードに埃が溜まった場合は、
固く絞った布巾で拭いて頂けます。

日頃のメンテナンスは
柔らかい布で乾拭きして下さい

リンク

ブログ内検索

Copyright ©  -- 中村理木工所 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /