中村理木工所@くわとちょうな

『天然・指組・漆塗』 自然が生み出す流れに乗って、千年先まで続くモノ作りを目指しています

   
カテゴリー「照明」の記事一覧

栴檀のランプセード

今回はランプセードです。
材は栴檀(センダン)を使いました。



60㎜厚の材に墨を付けます。
耳に良さそうな杢が出ています。



帯鋸で木取りします。



旋盤を掛けて、
セードを削り出します。



木目を活かして、
漆を掛けます。



ソケットを組み込んだら完成です。



ランプには、
夜の顔と昼の顔があります。



明かりを付けると夜の顔。
光源からの光が、
木目を浮かび上がらせます

燭台の漆塗り



燭台の木胎に
漆を掛けます

この時期は
漆を殺しながらの仕事になります

生地固め
下塗り
中塗り
上塗りの順に
漆を重ねていきます



色艶木目の出方を見ながら
上塗りを調整していきます

欅の燭台 ケヤキのショクダイ 製作工程

欅の燭台 CandleStand を製作しました。



欅の無垢一枚板から作ります。

まずは墨をつけます。
ロクロで削り出す場合、
平面は木に墨付けして、
断面は図面から型紙を起こします。



帯鋸で墨通りにくり抜きます。



荒取りを旋盤に掛けます。



鉋で挽き、ペーパーをさっと当てます。



杢が強いものは、
実際に火を付けて、
その浮き上がりを確認します。



杢は光の反射で、
表情をクルクルと変えます。

また木目の均一な燭台は、
動きのある炎を引き立てます。

ブログ内検索

Copyright ©  -- 中村理木工所@くわとちょうな --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /