中村理木工所

『天然・指組・漆塗』 自然が生み出す流れに乗って、 千年先まで続くモノ作りを目指しています

   

木と漆の燭台



夜に
夜を意識するのは
燭台に
火を灯す時です

灯芯に
マッチの炎を当てがい
蝋が気化するのを待ち
火を移します

小さい火は徐々に
共に成長して
影のエッジを際立て始めます

瘤のヒダは深くなり
炎に合わせて
杢は揺らぎます

食卓と
森の夜を
火が結びます

リンク

ブログ内検索

Copyright ©  -- 中村理木工所 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /