中村理木工所

『天然・指組・漆塗』 自然が生み出す流れに乗って、 千年先まで続くモノ作りを目指しています

   
カテゴリー「食器」の記事一覧

黒柿の盆 製作工程 全編

今回はお盆を作ります。

使う木は黒柿の一枚板です。


黒柿は不思議な木です。
100年以上の老木でも全てが黒くなるというわけではなく、
その発生率は1/1000を下回るとも言われています。
黒くなるのは、
柿渋のタンニン成分に由来する、
とも言われていますが、
多くは謎に包まれている不思議な木です。

そんな貴重な黒柿を、今回は無垢の一枚板でお盆にします


まずは木取り墨を付けます。
左二枚は無垢一枚板でお盆が取れます。
右は二枚矧ぎのお盆が取れます。


墨通りに木取りします。
端材は平皿と箸置きになる予定です。(←黒柿の平皿できました


鉋で平面を出して行きます。
黒柿はその白と黒の部分で収縮率が異なり、
乾燥収縮による変形が大きく出ます。


この溝に足と反り止めを兼用した吸付桟が入ります。
黒柿は硬いのですが目切れが飛びやすいので、
慎重に蟻加工を施します。



お盆の木胎が出来てきました。

木目がつながっており、
一組のお盆として一体感があります。


この後漆を重ねて、艶を出して参ります。
仕上がりまで今しばしお待ち下さい。

黒柿のお盆の木取り



黒柿の無垢一枚板を使って、
盆の天板を木取り中です。

黒柿は不思議な木です。
100年以上の老木の中でも、
黒くなるものは少なく、
その発生率は1/1000を下るとも言われています。
黒くなるのは、
柿渋のタンニン成分に由来する、
とも言われていますが、
多くは謎に包まれている不思議な木です。

そんな貴重な黒柿を、
今回は、
無垢の一枚板でお盆にします。


蒸籠(せいろ)


今回は蒸籠(せいろ)を作りです。

まずは木取り。
今回は樺の無垢板を使用します。


仕口に蟻加工を施します。
水蒸気によりスチーミングされますので、
加湿と加温による変形の制御と、
中の密封性を狙っています。
他国ではスライディングダブテイルと呼ばれます。
鳩の尻尾がスライドするという意味です。
スライドすることにより、構造的にきつく締め上がって行きます。


底板二枚の継ぎ手を実継ぎとして、
その二枚の底板に側板を滑り込ませます。


最後に2枚の側板に、両端蟻とした側板小を落とし込みます。

黒柿の平皿


黒柿の平皿 ができました。

  用途   菓子皿 お茶受け
  縦横高  約87×87×4.5(㎜)
  樹種   黒柿
  仕上   荏胡麻油

仕上げは荏胡麻油を使ったオイルフィニッシュになります。


しっかり黒の入った黒柿の厚板を、
真ん中で鋸挽きして二枚にスライスしました。



元々一枚の共材ですので木目が通っています。

それでもよく見ないと分からない程、
黒がやんちゃに走っています。
この黒柿は製材後、
通風のある倉庫の中で、
15年間の天然乾燥されてきました。




クヌギのお椀



櫟のお椀を挽きました。

材は櫟(クヌギ)です。

鉋を入れると、
水が吹き出すほどの含水率です。
クヌギのタンニン反応で、
鉋や手などが真っ黒になります。

全体を均一な厚みに仕上げました。

乾燥収縮により波打たせようと思います。


主材:クヌギ
仕上:轆轤鉋
塗装:無塗装


ケヤキの薬味入れ



ケヤキの薬味入れを作りました。

本体と蓋の摺合せを、
同時進行で進めます。

主材:ケヤキ
仕上:ペーパー
塗装:無塗装

お皿



轆轤(ろくろ)でお皿を挽きました。

鼻がスースーと通ります。

クスノキは国産材では珍しく複合杢理になります。
習目と逆目が交互に出てきます。

鉋の刃を良く砥いで、薄く薄く挽きます。

樟脳の匂いが工房に立ち込めます。

材料:クスノキ
仕上:ペーパー
塗装:無塗装

リンク

ブログ内検索

Copyright ©  -- 中村理木工所 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /