中村理木工所

『天然・指組・漆塗』 自然が生み出す流れに乗って、 千年先まで続くモノ作りを目指しています

   
カテゴリー「食器」の記事一覧

黒柿の平皿


黒柿の平皿 ができました。

  用途   菓子皿 お茶受け
  縦横高  約87×87×4.5(㎜)
  樹種   黒柿
  仕上   荏胡麻油

仕上げは荏胡麻油を使ったオイルフィニッシュになります。


しっかり黒の入った黒柿の厚板を、
真ん中で鋸挽きして二枚にスライスしました。



元々一枚の共材ですので木目が通っています。

それでもよく見ないと分からない程、
黒がやんちゃに走っています。
この黒柿は製材後、
通風のある倉庫の中で、
15年間の天然乾燥されてきました。




クヌギのお椀



櫟のお椀を挽きました。

材は櫟(クヌギ)です。

鉋を入れると、
水が吹き出すほどの含水率です。
クヌギのタンニン反応で、
鉋や手などが真っ黒になります。

全体を均一な厚みに仕上げました。

乾燥収縮により波打たせようと思います。


主材:クヌギ
仕上:轆轤鉋
塗装:無塗装


ケヤキの薬味入れ



ケヤキの薬味入れを作りました。

本体と蓋の摺合せを、
同時進行で進めます。

主材:ケヤキ
仕上:ペーパー
塗装:無塗装

お皿



轆轤(ろくろ)でお皿を挽きました。

鼻がスースーと通ります。

クスノキは国産材では珍しく複合杢理になります。
習目と逆目が交互に出てきます。

鉋の刃を良く砥いで、薄く薄く挽きます。

樟脳の匂いが工房に立ち込めます。

材料:クスノキ
仕上:ペーパー
塗装:無塗装

曲げ木のお弁当箱 曲げわっぱ




曲げ木のお弁当箱を作りました。

ヒノキの板を蒸して、
柔らかくなった所で曲げます。

狙ったアールより小さめに固定して、
工房の天井に吊り下げておきます。

充分に乾燥したら下ろして、
接着します。
接着の合わせ部分に樺細工を施します。


堅木と違い軟木は、
加工も含めて素直です。

主材:ヒノキ
副材:樺
仕上:鉋
塗装:摺漆



摺漆を施し、丈夫にします。
木地固め→中塗り→上塗りと塗り重ねて、
漆に深みを与えて行きます。




リンク

ブログ内検索

Copyright ©  -- 中村理木工所 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /