中村理木工所

『天然・指組・漆塗』 自然が生み出す流れに乗って、 千年先まで続くモノ作りを目指しています

   

黒柿の長平皿 クロガキのナガヒラザラ

長い平皿を作りました。


使う木は黒柿の一枚板です。

貴重な黒柿を、今回は無垢の一枚板で長平皿にします。


まずは木取り墨を付けます。
小さい平皿になる所と、
大きい平皿になる所に分けます。
 
真ん中の板からは、
節穴を活かした特大の平皿が取れそうです。
(↑黒柿の特大平皿を製作中です



墨通りに木取りします。
端材は箸置きになる予定です。
(↑
黒柿の箸置き製作中です



鉋で平面を出して行きます。
黒柿はその白と黒の部分で収縮率が異なり、
乾燥収縮による変形が大きく出ます。



縁加工を施して行きます。
シャクリにより皿を持つ指がスッと入ります。
見ためにも軽さが出ます。
けれど実際に手に取るとズッシリ来ます。



長平皿が出来ました。

今回の長平皿は、
2枚づつの伴材となっております。
木目がつながっており、
一組としてお使い頂けます。


この後、摺漆と、オイル塗装にて、
仕上ます。

栗の珈琲テーブル 製作工程

栗の珈琲テーブル を作りました。



  用途  珈琲テーブル
  樹種  栗 楢
  仕上  摺漆



クライアント所有の栗の木を、
思い出の形にする事になりました。

製作したのは、
珈琲テーブルです。



足は楢(ナラ)材を使用しました。
軽い天板でも座りが良いように三つ足としました。



T字型の畳擦りを柱脚も含めて三方刺しとし、
ホゾの中で更に組む二段ホゾを採用しました。



天板はなるべく触らないように耳まで残して、
二枚矧(ニマイハギ)としました。



天板の吸付桟(スイツキザン)に脚を差し込み、
完成組み立てとしました。





基本の丸椅子 Standard Stool 製作工程

品名:欅無垢一枚板の丸椅子 StandardStool
寸法:H370×W360×D360
用途:スツール
樹種:欅(ケヤキ)
仕上:摺漆仕上げ
価格:4万円




欅(ケヤキ)の一枚板に墨を付けます。
端材からも楔(クサビ)等が製作出来るので、
シビアに墨線を引きます。



木取り行います。



帯鋸でくり抜きます。
峰よりも刃の方に引張応力が発生しないように、
材を動かして行きます。



足を旋盤に掛けて丸くしてから、
台鉋を掛けて行きます。



座板にほぞ穴をあけて行きます。



手で擦りながら座りながら、
四方反鉋(シホウゾリガンナ)を使って、
座繰りを入れて行きます。



脚と座板と同じ材から、
クサビを切り出し、
完成組み立てをします。



ホゾの出を切り落とし、
座繰りをうっすら掛け直して、
脚の水平を出したら、
完成です。


丸椅子 ハイスツール 製作工程

今回は基本の丸椅子 ハイスツールを作ります。



厚い一枚板からつくります。
樹種はブラックウォルナットです。



木取り:チョークで材料取りの墨付けを行います。
    少し大きめに描きます。



バンドソーで墨通りにくり抜きます。



角物で木取りした後、旋盤で丸く挽きます。



完成組み立てです。



裏返して、くわとちょうな の焼印を押します。



四方反鉋を使って、座繰りをもう一度掛けたら完成です。

肘掛け椅子 ウィンザーチェア 製作工程


 
  サックバックチェア

  用途  肘掛け椅子
  縦横高 座面420㎜
  座板  楡材無垢一枚板
  脚材他 楢無垢材
  仕上  摺漆仕上
  価格  12万円



まず肘掛け用の材を曲げます。



無垢の一枚板から木取りを行います。
座面は楡(ニレ)、脚や腕は楢(ナラ)を使います。



墨を付け、ほぞ穴を開けます。



脚を旋盤加工します。



完成組み立てをします。



ホゾにクサビを打込みます。



漆を掛けます。
生地固め→中塗り→仕上塗りと重ねます。
時間が経つ程に奥行きが増し、
杢目が浮かび上がってきます。

足踏みミシンのテーブル 製作工程

足踏みミシンのテーブル



昔懐かしの足踏みミシンの脚部を使用してテーブルを作成しました。

天板:ブラックウォルナットの無垢一枚板。
足材:鋳鉄:足踏みミシンの脚部
仕上:ペーパー
塗装:摺漆



脚部は重いミシンを支えるために鋳鉄で作られており、
スタイリッシュな見た目とは異なり剛強です。

そこで厚さ60㎜の一枚板を乗せる事にしました。



大きな無垢板を入れたので、
天板裏に吸付桟を入れて乾燥収縮による動きを制御しています。



割れに契加工を施しています。



漆を何度も塗り重ねて仕上げます。
生地固め→中塗り→仕上塗りと重ねます。
徐々に深みが増してきます。


栃の無垢板 ダイニングテーブル 製作工程



 栃の食卓 

  用途  ダイニングテーブル
  縦横高 900×1800×800㎜
  樹種  楢 栃(天板)
  仕上  オイル仕上





脚材を木取りします。



ホゾ穴を開けます。



ホゾ加工をして整形します。



組み立てると、脚の完成です。



天板の耳を落として、
平面レベルを出し、
二枚矧ぎ加工を施します。



接着面が強くなるように、
雇実継ぎ(ヤトイザネツギ)とします。
接着したら一晩寝かせます。



反り止めの吸い付き桟加工を施します。
この吸い付き桟を入れる事で、
板が呼吸して伸び縮みしながらも、
平面度を保つ天板になります。
更には年々構造が強く締まってくる机になります。



小口割れに、契加工を施します。



脚を天板の吸付き桟に取り付けて完成です。



天然オイルを使用し、
吹き上げと磨きを繰り返して、
艶を出していきます。

リンク

ブログ内検索

Copyright ©  -- 中村理木工所 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /