中村理木工所

『天然・指組・漆塗』 自然が生み出す流れに乗って、 千年先まで続くモノ作りを目指しています

   

蒸籠(せいろ)


今回は蒸籠(せいろ)を作りです。

まずは木取り。
今回は樺の無垢板を使用します。


仕口に蟻加工を施します。
水蒸気によりスチーミングされますので、
加湿と加温による変形の制御と、
中の密封性を狙っています。
他国ではスライディングダブテイルと呼ばれます。
鳩の尻尾がスライドするという意味です。
スライドすることにより、構造的にきつく締め上がって行きます。


底板二枚の継ぎ手を実継ぎとして、
その二枚の底板に側板を滑り込ませます。


最後に2枚の側板に、両端蟻とした側板小を落とし込みます。

黒柿の平皿


黒柿の平皿 ができました。

  用途   菓子皿 お茶受け
  縦横高  約87×87×4.5(㎜)
  樹種   黒柿
  仕上   荏胡麻油

仕上げは荏胡麻油を使ったオイルフィニッシュになります。


しっかり黒の入った黒柿の厚板を、
真ん中で鋸挽きして二枚にスライスしました。



元々一枚の共材ですので木目が通っています。

それでもよく見ないと分からない程、
黒がやんちゃに走っています。
この黒柿は製材後、
通風のある倉庫の中で、
15年間の天然乾燥されてきました。




ケヤキの無垢板



ケヤキ 欅 の無垢板が入ってきました。
杢出てます。

無垢の大天板



無垢の一枚板が入ってきました。
センダン。
大きいです。
杢、出てます。



椅子の座板の木取り



椅子の座板を4枚分取りました。
端の板には乾燥割れが入っています。
一度真ん中で追い割りしてから二枚矧ぎにします。

材はニレ(楡)です。

旋盤加工の準備 椅子の足材



旋盤に掛けて丸くする前に、
四角の材料を8角形にします。



少しの手間ですが、
鉋を掛けた方が早いですし、
直線が出ます。

栗のテーブル天板の矧ぎ方



2枚の栗材を使って、
テーブルを作ります。
今回は矧ぎ方を決めました。

長辺の矧ぎ方は全部で6通り。

大きい面が取れて、
削る量が少なくて、
となると絞り込まれてきます。







リンク

ブログ内検索

Copyright ©  -- 中村理木工所 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /