中村理木工所

『天然・指組・漆塗』 自然が生み出す流れに乗って、 千年先まで続くモノ作りを目指しています

   

小机の吸付桟加工



小机に吸付桟を入れました。
桟の穴を中心に回転して、
天板が開く構造です。
強度を持たせるために、
桟の蟻サイズを大きくしました。

曲げ木



椅子の肘掛けを曲げました。

木をスチームして温め軟らかくします。
1㎝1時間の割合で時間と蒸気量を調整します。
軟らかくなってから、操作的な介入を許される時間はごくわずかです。
必要なクランプや玄能などを作業台に使う順番に並べます。

当たり前ですが、木は一本一本異なります。
曲げながら曲がり特性を感じながら曲げ続けます。

所定のアールになりクランプで固定したら丁度折り返し地点です。
ここから温度と水分を低下させ、
細胞が固まるのをじっと待ちます。





側板の矧ぎ



側板を矧ぎました。
歩留まりが良く、構造も強くとなると、
T字型になりました。

完成形がまだ見えてきませんが、
この板が両サイドに付くロッキングチェアになります。

楽しみです。



欅のハイベンチ



ケヤキのハイベンチを作りました。

立ったり座ったりし易いように、
座面を高くしています。

天板:ケヤキの無垢板2枚矧ぎ
足材:ナラ
仕上:鉋

楢(ナラ)無垢一枚板のベンチ 長椅子



天板:楢(ナラ)の無垢一枚板
足材:ナラ 天板の伴材
寸法:1500×400×400
仕上:鉋
塗装:蜜蝋ワックス
価格:10万円



楢(ナラ)無垢一枚板の長椅子です。

シンプルで丈夫なベンチを。
というお話でした。

シンプルにするため貫を使わず、
板に足を刺す構造にしました。

強度は各部材の断面を大きくすることで持たせました。

鉋仕上げに自家製蜜蝋ワックスを塗りました。

材は全て無垢のナラ一枚板から切り出しました。

天板に虎斑が出てますが、予想以上に大人しいです。

まな板再生 削り直し



俎板を再生しました。

長年使い込まれて、
黒くなったり、真ん中が凹んだり。

まずは機械で削り平面を出します。

黒ズミは中まで入ってる事も多く、
さじ加減が必要です。

仕上げは手鉋。

全角の面を取って完成です。

仕上げ鉋を入れると繊維が潰れないので、
カビなども入りにくく長持ちします。


クヌギのお椀



櫟のお椀を挽きました。

材は櫟(クヌギ)です。

鉋を入れると、
水が吹き出すほどの含水率です。
クヌギのタンニン反応で、
鉋や手などが真っ黒になります。

全体を均一な厚みに仕上げました。

乾燥収縮により波打たせようと思います。


主材:クヌギ
仕上:轆轤鉋
塗装:無塗装


リンク

ブログ内検索

Copyright ©  -- 中村理木工所 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /