中村理木工所@くわとちょうな

『天然・指組・漆塗』 自然が生み出す流れに乗って、千年先まで続くモノ作りを目指しています

   

LowStool 一枚の厚板から丸椅子を作る 製作工程

今回は低い丸椅子を作りました。



今日は大天板を使って椅子を作ります。
幅800㎜×長400㎜×厚80㎜、分厚くて大きいです。
樹種はセンダンです。

木取り:チョークで材料取りの墨付けを行います。
    少し大きめに描きます。


楔と玄能で割裂製材を行います。
通常の製材は帯鋸というノコギリを使います。
割裂製材は材料の木目に合わせて楔を打込み割っていく方法です。
大鋸と平鉋が入ってくる前の、最も原始的な製材方法です。
繊維に反って使うので目切れが無く強いです。


角物で木取りした後、旋盤で丸く挽きます。


仕上げ鉋を掛けると、杢が浮かび上がってきます。


南京鉋を使って座板のRを整えて行きます。


四方反鉋を使って、座繰りを行います。


パーツが出来上がったので、接着に入ります。
座板も杢がかなり出ています。


ボンドをシッカリ塗って組み上げます。


はみ出したホゾや楔を切り揃えます。


足の水平カットを施したら、完成です。



黒柿のお盆の木取り



黒柿の無垢一枚板を使って、
盆の天板を木取り中です。

黒柿は不思議な木です。
100年以上の老木の中でも、
黒くなるものは少なく、
その発生率は1/1000を下るとも言われています。
黒くなるのは、
柿渋のタンニン成分に由来する、
とも言われていますが、
多くは謎に包まれている不思議な木です。

そんな貴重な黒柿を、
今回は、
無垢の一枚板でお盆にします。


蒸籠(せいろ)


今回は蒸籠(せいろ)を作りです。

まずは木取り。
今回は樺の無垢板を使用します。


仕口に蟻加工を施します。
水蒸気によりスチーミングされますので、
加湿と加温による変形の制御と、
中の密封性を狙っています。
他国ではスライディングダブテイルと呼ばれます。
鳩の尻尾がスライドするという意味です。
スライドすることにより、構造的にきつく締め上がって行きます。


底板二枚の継ぎ手を実継ぎとして、
その二枚の底板に側板を滑り込ませます。


最後に2枚の側板に、両端蟻とした側板小を落とし込みます。

黒柿の平皿


黒柿の平皿 ができました。

  用途   菓子皿 お茶受け
  縦横高  約87×87×4.5(㎜)
  樹種   黒柿
  仕上   荏胡麻油

仕上げは荏胡麻油を使ったオイルフィニッシュになります。


しっかり黒の入った黒柿の厚板を、
真ん中で鋸挽きして二枚にスライスしました。



元々一枚の共材ですので木目が通っています。

それでもよく見ないと分からない程、
黒がやんちゃに走っています。
この黒柿は製材後、
通風のある倉庫の中で、
15年間の天然乾燥されてきました。




ケヤキの無垢板



ケヤキ 欅 の無垢板が入ってきました。
杢出てます。

無垢の大天板



無垢の一枚板が入ってきました。
センダン。
大きいです。
杢、出てます。



椅子の座板の木取り



椅子の座板を4枚分取りました。
端の板には乾燥割れが入っています。
一度真ん中で追い割りしてから二枚矧ぎにします。

材はニレ(楡)です。

ブログ内検索

Copyright ©  -- 中村理木工所@くわとちょうな --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /