中村理木工所

『天然・指組・漆塗』 自然が生み出す流れに乗って、 千年先まで続くモノ作りを目指しています

   

栗のランプシェード 無垢の木



栗の無垢一枚板から、
ランプシェードを挽きました。

全体に杢がよく出ていて、
漆を掛けるのが楽しみです。



栗の太い導管は、
水を通じて、
大地を連想させます。

力強い表情です。

楠 桜 欅 ランプシェード 漆塗り



無垢の木からランプシェードを削り出して、
漆を塗り重ねています。

写真の奥から、

水目桜

と並んでいます。

同じように塗り立てて研ぎ出すと、
樹種毎の個性が際立ちます。

照明の、
夜の顔と昼の顔。

どちらも個性が映えるように、
仕上げていきます。

漆塗り ランプシェード 無垢の木



漆を何度も重ねて、
艶を出して行きます。

色漆 ランプシェード 無垢の木



色漆を掛けて、
玉虫色に仕上げます。

欅の木取り



欅(ケヤキ)の盤木から、
材を木取ります。

構造強度を優先して、
適材適所に木取ります。

ランプシェード 無垢の木 漆塗


無垢の木からランプシェードを削り出します。
木は栴檀(センダン)を使います。
轆轤鉋(ロクロガンナ)は片刄で挽きます。


光にかざして、
削り肌を見ます。


仕上げは漆を掛けます。
研ぎ出しと漆塗を何層も重ねて行きます。


無垢一枚板のコタツ天板 擦漆仕上げ 炬燵

無垢一枚板のコタツ天板を、
擦り漆(スリウルシ)で仕上げました。



生地固めから漆をかけ始め、
八回、
研ぎ出し+漆がけを行いました。



仕上げで漆塗りを選択されますと、
製作日程が少し伸びます。
手塗りした上で研ぎ出し、
幾度も重ねて行きます。



主張はしないけれど、
存在感のある天板は、
静かにリビングに溶け込みました。



リンク

ブログ内検索

Copyright ©  -- 中村理木工所 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /