中村理木工所@くわとちょうな

『天然・指組・漆塗』 自然が生み出す流れに乗って、千年先まで続くモノ作りを目指しています

   

旋盤加工の準備 椅子の足材



旋盤に掛けて丸くする前に、
四角の材料を8角形にします。



少しの手間ですが、
鉋を掛けた方が早いですし、
直線が出ます。

栗のテーブル天板の矧ぎ方



2枚の栗材を使って、
テーブルを作ります。
今回は矧ぎ方を決めました。

長辺の矧ぎ方は全部で6通り。

大きい面が取れて、
削る量が少なくて、
となると絞り込まれてきます。







小机の吸付桟加工



小机に吸付桟を入れました。
桟の穴を中心に回転して、
天板が開く構造です。
強度を持たせるために、
桟の蟻サイズを大きくしました。

曲げ木



椅子の肘掛けを曲げました。

木をスチームして温め軟らかくします。
1㎝1時間の割合で時間と蒸気量を調整します。
軟らかくなってから、操作的な介入を許される時間はごくわずかです。
必要なクランプや玄能などを作業台に使う順番に並べます。

当たり前ですが、木は一本一本異なります。
曲げながら曲がり特性を感じながら曲げ続けます。

所定のアールになりクランプで固定したら丁度折り返し地点です。
ここから温度と水分を低下させ、
細胞が固まるのをじっと待ちます。





側板の矧ぎ



側板を矧ぎました。
歩留まりが良く、構造も強くとなると、
T字型になりました。

完成形がまだ見えてきませんが、
この板が両サイドに付くロッキングチェアになります。

楽しみです。



欅のハイベンチ



ケヤキのハイベンチを作りました。

立ったり座ったりし易いように、
座面を高くしています。

天板:ケヤキの無垢板2枚矧ぎ
足材:ナラ
仕上:鉋

楢のベンチ 長椅子



ナラのベンチを作りました。

シンプルで丈夫なベンチを、とのこと。

シンプルにするため貫を使わず、
板に足を刺す構造にしました。

強度は各部材の断面を大きくすることで持たせました。

鉋仕上げに自家製蜜蝋ワックスを塗りました。

材は全て無垢のナラ一枚板から切り出しました。

天板に虎斑が出てますが、予想以上に大人しいです。

天板:ナラの無垢一枚板
足材:ナラ 天板の共材
仕上:鉋
塗装:蜜蝋ワックス

ブログ内検索

Copyright ©  -- 中村理木工所@くわとちょうな --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /